top of page

プロフィール

チャイコフのポートレート
Chaykov <チャイコフ>

チャイコフは小さなiPadだけで東京の壮大な風景をイマジネーション豊かに描くことに情熱を注ぐ日本人デジタルイラストレーターである。アーティスト名のチャイコフは彼の幼少期のニックネームで、彼の音楽と絵画への情熱を見抜いた音楽教師が彼女のお気に入りの音楽家チャイコフスキーにちなんで命名した。

 

チャイコフの作品はいわゆる浮世絵によく見られるスタイルで、東京の風景に桜や車、傘、そして彼の愛する猫など、四季や日常生活のモチーフを組み合わせたものである。しかし、彼の特徴は、それらのモチーフを現代の高層ビル群に合わせて大胆なスケールで組み合わせ、俯瞰的な構図で描いていることだ。それが特撮映画の巨大セットやアニメのワンシーンを見るような感覚を与え、見る者の好奇心を刺激するのである。

 

彼の風景画は、インダストリアルデザイナーとしての経験からくる建物の緻密な描写や、色彩・マテリアルデザイナーとしての経験からくる色彩やグラフィック全体の多彩さによって、非常にモダンでクリーンな印象を与える。

 

また、東京のそばで育ち、東京タワー近くの祖母の家を頻繁に訪れていた彼の東京への愛着も深い。そんな彼の東京への深い愛着が反映された作品を通して、あなたが暮らす(あるいは今回訪れる)東京で過ごす時間が、少しでも夢のある楽しいものになることを願っている。

 

  • 多摩美術大学工業デザイン科卒業

  • 自動車メーカーのデザイン部門に勤務

  • 現在、国際的に有名な東京のアニメーション制作会社でコンセプトアートデザイナー、イベントアートイラストレーターとして活躍中

チャイコフの仕事場

私の理想的な創作環境

静かで小さな空間で、たくさんのお気に入りのものに囲まれ、眺めのいい窓があり、おいしい飲み物とたくさんのお菓子があって、そして、私が集中しすぎているときにときどき邪魔をしに来てくれる誰か。

チャイコフの仕事場に訪れる災難

ときには、とんでもないことも…

チャイコフのサイン

チャイコフのサインは、東京湾から富士山を望む東京の風景をデザインしたものである。Hはレインボーブリッジ、Aは東京タワー、そしてY、K、O、Vは組み合わさって、首都高速道路の入り組んだ様子を表している。

チャイコフと愛猫りるー
りるー
2003 - 2021年

チャイコフの愛猫りるーは、彼の作品に登場するグレーの猫のモデルであり、インスピレーションの源になっている。チャイコフは、猫の多くが狭い室内で暮らすことを苦にしないことを知っていたが、りるーを勝手に室内飼いにしてしまったと感じ、せめてアートを通して東京中に遊び場を作ってあげたいと考えた。

 

りるーはカリフォルニアでの4年間を含めて19年の長寿を全うし、2021年12月に亡くなった。その約1年前、チャイコフは獣医師から「りるーの寿命は近い」と告げられた。それを知ったチャイコフは、りるーが生きているうちにできるだけたくさん彼を描こうと決心したのだった。

​個展・展示

Chaykov<チャイコフ>ART特別展示                   

伊勢丹新宿店 本館5階 ウォッチ

東京都新宿区新宿3-14-1

 

2024年7月3日 - 8月28日

東京アメリカンクラブ                   

フレデリック・ハリス・ギャラリー

東京都港区麻布台2-1-2

 

2023年2月7日 - 3月6日

カイシン・ギャラリー                    

 

台湾 台北市

 

2021​年

連絡先

送信完了

bottom of page